即日融資の街金は危ないの?

街を歩くと、よく「即日融資」と書かれている看板が見られます。業者名を見たらあまり聞いたことのない気がするから、大丈夫なのかな?と不安に思うかもしれません。しかし、大手業者がCMなどによって知られているのはどの業界でも同じです。街金は貸金業者の中の中小企業ということです。よく名前が知られている「お金を貸してくれるところ」の中には銀行が行っている場合があります。この時は「銀行法」という法律の中で貸金業務を行っているので、少し違いはあるのですが貸金業者が業務を行っている場合は、大手でも中小企業でも「貸金業法」という法律にのっとってお金を貸しています。ですから、街金だから金利が高い、ということはありません。金利の上限は決まっているので、それに違反することは本来どの貸金業者もできないということです。

一般的には銀行が行っているカードローンのほうが、消費者金融から借りるよりも金利が安く設定されています。金利が安いほうをみんな借りたいのは当たり前のことですが、当然ながら審査基準は厳しくなります。銀行はもしもつぶれてしまうと多方面に大きな影響を与えるので、堅実な融資しか行いたくないという面があります。一方消費者金融や街金はそういった縛りがあまりないといえます。また、即日融資ということは窓口にさえ行けば、審査もなく誰にでも貸してくれると思われがちです。でも、実は大手と審査基準はほぼ同じです。ただ、街金のほうが現状重視で過去へのさかのぼり期間が短く設定されていることがあるので、甘いという風にとられるのかもしれません。甘いというよりも、十把一絡げにお断りする、といったことがないというだけです。ですから、窓口に来た人を何も調べもせずにお金を貸す、ということはありません。返済計画の相談にものったうえで、上限も示されます。街金はカードでの貸し付けを行っておらず、窓口での対面で融資を行うので、カードなどを作る手間がなく「早い」という風に思われているだけです。